美味しい焼き鳥なら とり鉄 が おすすめ

とり鉄

とり鉄探訪

2016.07.15UP

とり鉄の焼き鳥の美味しさの秘密~その②

カテゴリー:看板娘・看板男子とり鉄のとりビア

とり鉄 つくね

おはようございます
つくね大好き!とり鉄の小笠原です!

 

 

暑い日が続いておりますが、皆さん水分補給と体調管理気を付けてくださいね

 

今回の私の探訪は、前回に引き続き【焼き鳥の美味しさの秘密②】をお届けしたいと
思います

 

前回は、串類の「肉・塩・タレ・味噌だれ」をご紹介しましたが、今回はその食材を
超一級品に仕立て上げる各店舗の【とり鉄の焼き師】をご紹介します!
3か月ぶりですので、少し長いですが、ぜひお付き合いください!!

 

 

 

焼き師の【想い】と写真を一緒にご紹介します!!

 

 

さぁ~~~~~ご覧ください

 

エントリーNo1
【とり鉄武蔵小杉店】 圷(あくつ)店長

 

「とり鉄ブランドが目指す日本一旨い焼き鳥業態実現のため、一本一本の焼き鳥に
【魂を込めること】私はどの串をいつ誰が焼いても、お客様に美味しいと思って頂ける
串焼きを提供すること!だと思っております
そのためには、焼き師の串の知識から、塩加減、焼き加減など、技術面の向上も
必要不可欠ですが【想い】の面も大切です

 

【その日の焼き鳥はお客様にとって、とり鉄の印象を決めるという事を最重要と
認識しています!】」
小杉1

 

その継続がお客様からの信用に繋がりますね!!!

 

 

エントリーNo2
【とり鉄五反田駅前店】  大澤店長

 

「1本1本心を込めて焼いています。焼き師からすると何百本も焼いていますが
お客様にとっては何百本のうちの1本。ここを意識して一串入魂ではないですが
1本1本心を込めて焼いています!!!!!」

 

「そのためにはまず身だしなみが清潔である事。そして、塩の振り方・塩の量が
一定で、焼き加減、盛り付けが綺麗である事。この一つでも欠けたら本当の
焼き師ではないと思っています。また気持ちの部分も大事で、心を込めて焼かないと
串にもその【想い】が伝わらず、お客様にも伝わらないと思います!」
五反田2

 

大澤店長、【本当の焼き師】をたくさん育成してくださいね~

 

 

エントリーNo3
【とり鉄一之江店】  伊藤店長

 

「とり鉄一之江店の焼き台に込める【想い】は、仕込みの時や焼いているときに
お客様がお召し上がりになっている姿を想像して焼き台を行っております!
数ある焼き鳥屋から選んで頂いた、お客様にまたこのお店に来て頂きたいと
思って頂けるよう、日々努力しています!もちろん、どんな状況でも変わらない
クオリティ、そして温かい状態で焼き鳥を提供します!!!」
はるき

 

一之江店は伊藤店長含め従業員が【若いッ】
     元気いっぱいでお願いしますね~~

 

 

 

エントリーNo4
【とり鉄日本橋本店】  大野さん

 

「当店では、焼き鳥の味と風味をしっかりと味わって頂きたいので、1本1本
丁寧に焼き上げています。お客様に美味しい串を食べて頂きたいという
【想い】を1本1本に込めて創り上げています!
焼き鳥を囲んで話が弾み、お客様が笑顔になれる雰囲気を作るよう
日々、努力をしております!!そして、塩の振り加減やタレの味がしっかりと
するか、お客様のお召し上がりになる状況をホールスタッフと連携しながら
焼いています!!!!」
日本橋

 

 

さすが本店!白衣がかっこいいですね♪

 

 

 

エントリーNo5
【とり鉄葛西店】  飯塚店長

 

「焼き加減、塩加減はもちろん、見た目にこだわって焼いております
トッピングなどが必要な串は、冷めてしまわないよう、素早く・キレイに
盛り付けたときは、美味しい焼き鳥が更にパワーアップすると思っております!
そして、お客様の客層に合わせて提供する。もしお一人様であれば
1度には提供せずに、少しゆっくりめに。大人数であれば、一気にドカンと
インパクトあるように提供!お子様がいらっしゃる時は、つくね串やもも串は
早めに提供する!

 

【焼き師は大きな声を出して、とり鉄の花形ポジションであることを意識しています!】
葛西2
飯塚店長のポジションも花形ですよ~~
良い笑顔ですね☆

 

 

 

 

 

さあ、まだまだ続きますよ~~~~

 

次は・・・・・

 

 

 

エントリーNo6
【とり鉄中野店】   常田店長

 

「当店では、焼き台からお店の半数以上のお客様のお顔が見えるので、一口目を
お召し上がりになった時の表情や、会話を焼き台から把握するように心がけています
なので、焼いているときも、お召し上がりになっている時の表情を想像しながら焼いて
おりますので、そもそも【旨いに決まってます!!!】

 

そして【1本1本、本気で焼いています!】

 

中野

 

 

うむ。本気の顔!!!!?????

 

 

 

エントリーNo7
【とり鉄自由が丘店】   小村さん

 

「仕込み段階から、焼き台で焼いている時も、お客様が笑顔で焼き鳥を
お召し上がりになっている姿を想像しながら【一串入魂】で焼いております!

 

そして、焼き立てを提供すること!笑顔で焼くこと!を実行しております!」
小村

 

細井さん

 

「焼き立てを「お願いしますッ!」とコールされたら、すぐに運びに行きます!
冷めてしまうと美味しさが激減してしまうので、熱いうちにッ!!!!
焼き師の【想い】も冷めてしまわないうちに♪
そしてお客様にも「ぜひ、温かいうちにお召し上がりください」と訴えます!
鶏肉もそうだし、牛肉や豚肉も、冷めてしまうと食感が悪くなってしまいます

 

【スタッフ全員の想いが込められた串は、早めに召し上がって頂きたいですッ】
細井

 

 

くぅ~~~しびれるコメントですねッ!!!

 

 

 

エントリーNo8
【とり鉄秋葉原昭和通店】   高橋さん

 

「一秒でも早く最高の品質の焼き鳥を提供する!」

 

【俺の焼き台、誰にも触らせない・・・・・】

 

 

「そして、生の状態での品質の管理、味付け・見た目を重視しています!」
 秋葉原1

 

(笑)高橋さんの性格がもろに出たコメントですね・・・
触らせないなら、お掃除もしっかりね・・・

 

 

 

 

エントリーNo9
【とり鉄西葛西店】   吉岡さん

 

焼き師:お客様がお召し上がりになっている姿を想像し、
                何が何でも【美味しい】と思って頂きたい!」

 

ホール:1秒でも早くお客様に提供し、焼き師がパーフェクトに焼いてくれた
     状態で、余熱が入ってしまう前にお召し上がりになってほしい!

 

それぞれ、そういう【想い】で提供しています!!!!!!!

 

大事なのは【焼き鳥1本1本に魂を込める!】です!
真優

 

 

頑張れ!若きエース!チビ券なくすなよ~~

 

 

 

 

いやぁ・・・・・各店とも様々な【想い】が表現されていますね
 IMG_0382
ちょっと写真は撮れませんでしたが、他のお店の【想い】もご紹介します!

 

 

 

 

エントリーNo10
【とり鉄春日部店】   久野店長

 

「1本1本の焼き鳥が一つの料理であり、ただ焼いて提供するのではなく
 1本1本魂を込めて調理する!という事を大切にしています
最高の焼き加減で、いかに熱々のうちに提供できるかを意識しています!

 

そして、焼き師はとり鉄の【顔】であり、焼き鳥は【代表料理】であることを
全従業員が認識をして焼き台に臨んでいます!」

 

 

 

小佐野さんはホールスタッフとしての【想い】を!

 

「いつも焼き師が想いを込めて焼いた美味しそうな焼き鳥をどうやったら
残さずに美味しくお召し上がり頂くか?を常に考え、工夫しながら提供して
おります。6本盛り・10本盛りは1本1本の種類をお伝えして、「せせりって
どの部分かご存知ですか?」とお伺いして、「私のお薦めはこちらの
ハツ串ですッ!熱いうちが美味しんですよ~」など会話しながら提供します
そうするとお客様も、ただドンとテーブルに置かれた時の反応と異なり
「へ~、じゃ私これが良い!」など反応を返してくださり、すぐに串に
手を延ばしてくれるので、美味しそうにお召し上がりになると私も
嬉しくなります!その時はすぐに焼き師の方に「○卓のお客様が
○○が美味しいって言ってますよ♪と伝えています!
これからももっともっと繋ぐ役割を頑張りますッ!」

 

 

 

そして小林さん

 

焼き台はお店の顔、印象を左右する大切なポジションです
入口から入りすぐのところにある当店の焼き台では、まずお客様の
目に入ります。お店にご来店頂いて初めて逢う人なので、気持ちよく
お客様を迎え入れたいです。そして焼き台の一番の仕事は
「美味しい焼き鳥をお客様に届けること」
自分の焼いた串がお店の味になるので、1本1本気持ちを込めて
お客様に届けたいです
特にカウンターのお客様は目の前でお召し上がり頂くので表情を
見る事が出来ます。美味しそうに召し上がっていただく表情を見ると
最高の気分になれます!自分とお客様、お互い良い想いが出来るよう
これからも1本1本気持ちを込めて焼いていきます!!!」

 

 

 

頼むよ~~常勝春日部店!!!

 

 

 

エントリーNo11

 

【とり鉄西新宿店】    米盛店長

 

「1本1本丁寧に焼く事はもちろんの事、とり鉄でしか味わうことの出来ない
オリジナルのタレや塩も堪能して頂きたい!焼き鳥を食べるならとり鉄で!と
思って頂けるようにという【想い】を込めて焼き鳥を焼いています!

 

焼き具合、塩、タレの味付けの加減は一番重要な事だと思っています
また、お客様に提供させて頂いて、熱いうちにお召し上がり頂くよう
こちらも日々精進しています!!」

 

 

 

こちらも直営店若きエース!そして何回も探訪にUP!
目立ってるね~~~~

 

 

 

 

 エントリーNo12
【とり鉄麹町店】      秋山店長

 

「焼き鳥は、私たちにとってはお客様の心に刻む【武器】ですね・・・
侍であれば【刀】。野球なら【バット】のようなものです
だから私たちはその武器を最大限に活かしきれるよう、そして
研ぎ澄ますよう毎日焼き台に向かっています!!

 

そして、大切なのは
【お客様を想う心と、ピカピカの焼き台ですッ!】
IMG_1246

 

おっと、もう一人の直営店若きエース!
勢いだけじゃなく、焼き台も磨けよ~~~

 

 

 

エントリーNo13
【とり鉄用賀店】   伊東さん

 

 1本1本の串を最高の状態でお客様に届けたい・・・・・
 最初の1本が最後の1本・・・そんな想いで焼いていますッ!

 

また、どのポジションよりもお客様から見てもらえるので
気持も引き締まり、より美味しい串を食べてもらいたいと想っています。

 

そして、大切なことは、速さや焼き加減もそうですが、一番は
「その串をお召し上がりになるお客様を想像すること
    お客様に楽しんで美味しい串を食べてもらいたい」

 

その気持ちだと考えています!!」

 

 

 

フォントに伊東さんの人間性が出てますね・・・(笑)

 

 

エントリーNo14
【とり鉄高島平店】   木之下店長

 

「早く、美味しく、安全に、お客様に提供する!
   そして、焼き加減、塩加減に真剣にどれだけ取り組めるかですッ!

 

提供含め、最高のクオリティでお客様にお届けすること!
   味付け含め妥協した商品は絶対に出しませんッ!!!!!」

 

今田さん
「単純に美味しいと思って頂けるように取り組んでいます
それが地域全体に広まるように日々頑張っています!」

 

 

目指せ!高島平地域No1
2人とも頼むよ~~~~
妥協無しで♪

 

 

 

 

エントリーNo15
【とり鉄新宿南口店】   中村さん

 

「どの料理もそうですが、口にして頂くお客様に美味しいと
想って頂けるよう頑張っています!このお店に来てよかったな
と想って頂きたいです!

 

焼き過ぎるとせっかくのお肉が固くなるので、焼き過ぎない事。
お肉の表面の、塩や皮面がパリっとする瞬間を逃さないようにしています

 

 

激戦区新宿!
パリッとする瞬間・・・・美味しそうですね・・・・・・

 

 

 

エントリーNo16
【とり鉄成増店】    山本店長

 

「小さい頃から焼き鳥が好きで、今、実際に焼くようになり、昔から
好きだった焼き鳥を、お客様に美味しいと味わって頂けるように気持ちを
込めて日々焼いています!

 

お客様に安心・安全なものを早く提供できるように
   スピード・効率・そして何よりお客様を【想う】ことです!」

 

 

山本店長、その想いをカタチにねッ!!!!

 

 

エントリーNo17
【とり鉄浜松町店】   細井さん

 

「最近焼き台を担当するようになったので、その時の私が焼いた
焼き鳥をお客様が口にするんだ・・と言う気持ちをいつまでも忘れないよう
1つ1つ丁寧に焼いています!
当店は炙りメニューが多いので、炎でパフォーマンスしたり、それを見て
カウンターから楽しんでくれているお客様を見てモチベーションが上がるし
自然とより美味しく作ろう!って思うんです

 

私が焼いたものが一番美味しいんだって自信を持って焼いてます!
自分で食べて美味しいって解るから、より食材にも愛を込めて
それをお客様がお召し上がりになって、笑顔になって、その
ローテーションだなと思います。
いつ焼き台の担当になっても、いつも新鮮な気持ちで焼く事が
美味しさを保つ秘訣かなと思います♪

 

炎に負けない位、熱いハートを持って、愛を込めて焼く事です
後はカウンター等から見えるところで焼いているので、常に見られている
意識を持って、見ているお客様を楽しませる事ですッ!!!」

 

 

私の焼いたものが一番!ほうほう。。。
もう言い訳出来ないからね~~~
この探訪を見られた皆さんがどっと押しかけますよ~~~~

 

 

 

エントリーNo18
【とり鉄大森北口店】   武者さん

 

「まず、串類の素材はとても良いと自負しています
そして、その素材を活かすのは【焼き師】です
自分で焼いていて「美味しそう!これ食べてみたいッ!」と
想えるものを、そして、何よりお客様に「これ、もう1本また食べたい!」
と、想って頂けるものを焼くようにしています!」

 

 

いつも何事も丁寧な武者さん
安定感のある焼き鳥の提供、頼んますよ~~

 

 

 

 

 

いやぁ・・・・長々とスイマセン・・・・つい・・・・あまりの多くの想いに
圧倒されてまして・・・・

 

 

この想いの集約が【とり鉄】です!!!

 

そして、この想いの集約が【焼き鳥の美味しさの秘密】です
確かに独自の食材や、塩、タレなども大切ですが
本当にその素材の良い部分を引き出すには、それなりの
焼き師としての技術も必要です!

 

その技術が日々磨かれていくには

 

【食材とお客様を想う焼き師やホール従業員の
【想い】が一番大切です】

 

 

 

と言う気持ちが皆さんから伝わってきますね。。

 

他の店舗の想いも、機会がありましたらUPします!
秋葉原3

 

 

私からは引き続き、とり鉄の焼き鳥の美味しさについて
また取材してきま~~~す。。
ぜひとり鉄で焼き鳥をご堪能くださ~~~い。。。

 

いなせやかぐらやグランドメニュー1604③ とり鉄高岡駅前店Gメニュー16年4月②

 

 

 

 

LINEで送る

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

2022年12月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Youtube

Youtube

INSTAGRAM

焼き鳥居酒屋とり鉄へ是非お越しください!