とり鉄 人財活性ブログ

サイトご覧の皆様へ

その土地、その土地で地元の方々に望まれるメニュー作り、店内のレイアウトなどを取り入れており、若い人達がお手軽に立ち寄れる「居酒屋」として、またご家族で楽しんで頂けるお食事処として、ご利用頂けるよう日々精進しております。 「焼き鳥だけでは物足りない」「チェーン系の居酒屋では落ち着かない」といったお客様の声に応じる「空間演出」・「サービス力」・「商品力」を充実させ、多くのお客様にご利用頂ける「とり鉄」であり続けます。

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

2019年12月
« 7月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

仲間募集!

とり鉄の採用情報

とり鉄のフランチャイズ募集

~大きな愛で小さなことを~


おはようございます
 
とり鉄の小笠原です
 
いつもは探訪に記事を上げておりましたが
今回はこちらに。
 
 
 
ところで、平昌オリンピック
日本人のメダルすごいですね。
最初は北朝鮮の外交の話で、オリンピックが
かすんでましたが・・お見事です
 
メダルと言えば、金銀銅
金メダルと他のメダルでは、その後の人生も
変わるとか。。。
 
銀は金より良いって書くから・・なんて話も
聞いたことありますが・・・実は本当は
金と変わらない という意味だそうです
 
 
銅も、金と同じって書きますよね。。
まさに頑張ったアスリートのためにあるような
漢字の由来ですね・・・
 
 
ちなみに、弊社のブランド理念にある【愛】と言う言葉
 
愛という字は、身体の中心にある【心で受けとめる】と書きます
 
そして、愛という漢字があらわしているのは
お腹や胸がいっぱいになり、後ろに寄りかかって
背もたれに寄りかかっている姿を現しているようです
 
 
私がこの言葉を聞いてすぐに頭に浮かんだことは
皆さん、ご存知の「アグネス・ゴンジャ・ボヤージェ」という人物
知ってますか?
 
え~~知らない??
 
 
 
 
 
 
通称、マザーテレサと言われている人物です
 
1979年ノーベル平和賞を受賞しました
 
 
また、世界に7人しかいない合衆国名誉市民権も
もらっています
 
 
そして、彼女の名言集には、多くの【愛】という言葉が
あふれています
改めて見て、本当に多いなと・・・・。
 
 
皆さんが良く知っている「愛情の反対は無関心」という
言葉も彼女の言葉です
 
特に今日はマザーテレサについてではないのですが
その名言集の中から少し
 
【愛に対する飢えの方が、パンに対する飢えを取り除くことより
はるかに難しいのです】
 
【子供たちはあなたとの1対1の愛を待っているのです
あなたが働いてその子のパンを稼いできても、その子が
放っておかれているのでは意味がないのです】
 
 
この言葉からもわかるように、愛とは決してモノとかではなく
心と心がどうお互い受け止めているか、受入れているか
与えているかなどの本質が詰まっていると思います
 
そして、私の心に一番残っているのは
 
【大きな愛をもって、小さなことを行いましょう】
 
という言葉です
 
 
先ほども書きましたが、愛という字は、お腹や胸がいっぱいに
なって、のけぞっているような姿を現していると話しました
 
良く、
 
「表面的な愛は気持ちが良く、本質的な愛は心が痛む」
 
と言われます
 
 
【その時その時、相手の事を本当に想ってすること】
 
ここが愛の本質だと考えています
 
 
愛を自分なりに解釈すると、
人間が持っているすべての感情の源泉であり、エネルギー
であると、色々を見て思いました
 
お金や地位や名誉を追い求める人も、結局はそれがあるから
人がついてくる
人とかかわることができる
 
しかし、それだけでは、それらがなくなってしまうと
皆離れてしまいます
 
 
先日社内の部長が愛情のバリューチェーンの話をしてくれました
その想いを循環させる、いわゆる「愛の循環」を良い方向に
サイクルさせて行ければ、人と人との輪が大きくなっていくと思います
 
私はどちらかというと、自分の周りの人たちに対しても、
愛情を伝えるのは下手な方です
 
しかし、愛は感じてもらうもの。
心で受け止めるもの
 
という事を意識して、今後行動していきます
 
皆さんももう一度、改めて自分に対する【愛】を感じ取ってみてください
 
きっと色々なことが良い方向に向かうと思いますよ
 
LINEで送る



とり鉄のこだわり

串焼き料理をメインにさまざまな鳥創作料理を提案する焼き鳥ダイニング

その土地、その土地で地元の方々に望まれるメニュー作り、店内のレイアウトなどを取り入れており、若い人達がお手軽に立ち寄れる「居酒屋」として、またご家族で楽しんで頂けるお食事処として、ご利用頂けるよう日々精進しております。
「焼き鳥だけでは物足りない」「チェーン系の居酒屋では落ち着かない」といったお客様の声に応じる「空間演出」・「サービス力」・「商品力」を充実させ、多くのお客様にご利用頂ける「とり鉄」であり続けます。

最新ニュース

とり鉄探訪

とり鉄ソーシャルTV