美味しい焼き鳥なら とり鉄 が おすすめ

とり鉄

とり鉄のフランチャイズ店募集

先輩オーナーの声

ささや株式会社
代表取締役社長 米津 仁志
  • 1996年   有限会社ささや 入社
  • 2004年   ささや株式会社 代表取締役社長就任
  • 2002年   とり鉄長野店 OPEN
  • 2005年   とり鉄松本駅前店 OPEN
LINEで送る

  • とり鉄オーナーになるきっかけ・経緯・加盟の決め手などを教えて下さい。
  • 親からの事業継承で結婚式場の経営をしておりましたが、
    30代だった私には不満と不安があり、新規事業を探していました。

    そのなかでFCというシステムを知り、とり鉄と出会いました。
  • とり鉄事業の醍醐味・やりがいを教えて下さい。
  • 昔ながらの焼き鳥屋さんには素晴らしいお店がたくさんありますが、
    常連が席を占めていて入りずらい、女性だけでは入れない、煙が気になる、会計が分かりずらい、
    などの問題点がありました。

    とり鉄はこれらの問題を解決しました。

    どなたでもおいしい焼き鳥を気軽に食べられるお店です。

    とり鉄に行くたびに、騒々しいくらい賑やかな店内と楽しそうに飲食されるお客さまのご様子を拝見して、
    われわれの仕事がビジネスパーソンと社会を支えている、と実感します。

    ボックス一つ一つに、カウンター席のお二人のかたまりごとに、人生があり、世界があります。
  • これから(会社のビジョン・目標・将来の夢など)を教えて下さい。
  • 当社はマルチフォーカス型企業戦略をとっていますので、
    それぞれの業態が及ぼし合うシナジーを考えて事業を広げていきます。

    お客さまに喜んで頂くことは大前提ですが、
    社員、パートナーが働いていてよかった、と思えるような企業にしたい。
  • 質問①趣味・休日・空いた時間の過ごし方などを教えて下さい。
  • いまは経営者として非常に大切な時期であると認識していますので、
    寸暇を惜しんで店を回り、会議に参加し、部下と話しています。

    また、毎月必ず時間を確保し、各地の経営の勉強会に参加したり、経営の本を読んだりしています。
    特にドラッカーはよく読みました。

    毎朝、ストレッチと体幹トレーニングをしています。
    朝晩、仏壇と神棚に向かいます。俳句、川柳、短歌などが好きです。
  • 米津社長が、とり鉄の仲間に伝えたいこと。
  • なんでもいいので、少し上手だな、と思える得意分野をつくる。
    その仕事を通じて誰かのお役に立つ。社会のお役に立つ。
    働くことは、傍を楽にすることであり、給料はお客さまからのお礼であること、を忘れない。

google+

Youtube

Youtube

INSTAGRAM

焼き鳥居酒屋とり鉄へ是非お越しください!