とり鉄 人財活性ブログ

サイトご覧の皆様へ

その土地、その土地で地元の方々に望まれるメニュー作り、店内のレイアウトなどを取り入れており、若い人達がお手軽に立ち寄れる「居酒屋」として、またご家族で楽しんで頂けるお食事処として、ご利用頂けるよう日々精進しております。 「焼き鳥だけでは物足りない」「チェーン系の居酒屋では落ち着かない」といったお客様の声に応じる「空間演出」・「サービス力」・「商品力」を充実させ、多くのお客様にご利用頂ける「とり鉄」であり続けます。

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

2019年12月
« 7月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

仲間募集!

とり鉄の採用情報

とり鉄のフランチャイズ募集

想いは手法の上流にあり


 

2017年がスタートした。

 

今年は、『酉(とり)年』。しかも『平成29(にく)年』だ。

年号が変わらぬ限り、一生に一度あるかどうかの奇跡的なゴロの良さだ。凄い。

 

大手FFのCMでは、『酉(とり)29(にく)年』なんて言って鳥業界を盛り上げようとしてくれている。

 

社内でも、年明け仕事始めの会議で、「今年はとりにく年です」なんて言ってた社員がいたな。(遅いわっ。)

とにもかくにも、良い年にしたいなと改めて心から想う。

 

想いといえば。。。。

僕は、これまで社員の結婚式に数多くお呼ばれしてきた。

若輩者ながら、肩書だけは偉そうに『社長』なんて事になってたので、

主賓スピーチを賜る機会が多くあった。

 

そして必ず、スピーチの最後には新郎新婦に贈る言葉として、

 

『想いは手法の上流にあり』

 

という言葉を贈ってきた。これは僕の座右の銘でもある。

 

『どんなにテクニックを使っても、どんなに難しい技術を持ったとしても、

 そこに“想い”が無ければ伝わらないし意味をなさない。

 上手じゃなくてもいい、小難しい技を使えなくてもいい、

“想い”を大切にして、ちゃんと伝えあえる夫婦になってください』

 

と。

 

“想い”とは。。。。。

 

車で言うなら、「車体」が道具(手法)、「ガソリン」が“想い”というところかな。

 

どんなに素晴らしい車体があったって、ガソリンが無ければ走らない。(最近の電力自動車などは違うが。。。)

という事になる。

 

でも、逆に考えてみる。

「じゃあ、ガソリンがあれば車体が無くても走れるのか?」と。

 

答えはNOなんだな。

 

ガソリンは、車体があって初めて、意味をなすもの。

車体は、ガソリンがあって初めて、走れるもの。

 

両者は一対なのである。

 

『想いは手法の上流にあり』の言葉には、まだ続きがあって。。。。。

 

『手法なき思いは無力なり』という言葉がセットで隠れてる。

 

 

これを外食業に当てはめてみると。。。。

 

『料理と店舗設備』が手法・技術かな。

『もてなしの心と歓待の気持ち』が想いかな。

 

「うまいもん出してりゃ客は来るんだよ」なんて声も聞こえてきそうだが。。。。

そうした方々は、そちらの方向に思想を馳せて頂くとして。。。

 

 

僕はそうではない。

 

喜んでもらいたいと思う気持ちと、来てくれてありがとうという感謝の気持ち。

美味しい料理ときれいなお店。

 

これが一対となっていなければ、お客様には愛してもらえないと想っている。

愛してもらえた数が、お客様の数。

愛してもらえればもらえるほど、お客様は増えてくれる。

 

そう信じてやっている。

 

 

若かりし頃、大好きな人を自分の部屋に初めて招くとき、皆さんはどうしただろうか?

 

僕は、部屋を整理し、掃除機をかけ、ごみ箱をきれいに片づけ、流行りのCDなぞを用意して、

マンガ本(ジャンプとかヤンマガとか)は隠して、当時のファッション誌(ホットドッグプレスとかポパイとか)をさりげなく置いてたな。

似合わないと言われてもそうしてました。

 

あの時の、「大切な人を招き入れる新鮮な気持ち(想い)」を持ち続ける事が、大切だと今でも信じている。

 

時代が変わってもそれは変わらないのではないかな。

 

いつの時代だって、「大切にされているな」と相手が感じてくれれば、その人はまた来てくれるはず。

より一層、仲良くなってくれるはず。愛してくれるはず。

 

初心というには、あまりにも遠い(30年前)、昔の想い出話ではあるが、

そんな想いを、改めてちゃんと大切にして今年を始めようと感じている。

 

とり鉄にかかわるすべての人たちへ。想いを大切に。

 

最高の『酉(とり)29(にく)年』を謳歌してやりましょう!!!

 

LINEで送る



とり鉄のこだわり

串焼き料理をメインにさまざまな鳥創作料理を提案する焼き鳥ダイニング

その土地、その土地で地元の方々に望まれるメニュー作り、店内のレイアウトなどを取り入れており、若い人達がお手軽に立ち寄れる「居酒屋」として、またご家族で楽しんで頂けるお食事処として、ご利用頂けるよう日々精進しております。
「焼き鳥だけでは物足りない」「チェーン系の居酒屋では落ち着かない」といったお客様の声に応じる「空間演出」・「サービス力」・「商品力」を充実させ、多くのお客様にご利用頂ける「とり鉄」であり続けます。

最新ニュース

とり鉄探訪

とり鉄ソーシャルTV